*

アイフルカードローンを利用する時の不安、本人確認なしにできる?

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 本人確認なしカードローン

アイフルでカードローンを利用する時の不安として1番多いのが審査についてではないでしょうか。カードローンで融資した金額を滞りなく返済できるかどうか本人確認をすることによって、初めてお金を貸せる状態になるのです。申込みした人物が書類に記載されている人物で間違いないかどうかをチェックする手段になるので、スムーズに契約できるようにあらかじめ準備しておきましょう。運転免許証や保険証、パスポートなどを準備しておきます。他に不安な事として職場などにかかってくる確認の電話があります。これはほとんどの消費者金融で行われる調査で、本人確認なしでお金を借りることは出来ません。確認の電話がかかってくると言っても、応対の際にアイフルを名乗ることはありません。
ましてや、「申込み頂いたカードローンの件でお電話しました」などと言われることもありません。電話は一個人の名前でかかってくるため、誰にも気づかれることなく密かに在籍の確認が行われているのです。本人確認なしをキーワードにして借入れ先を選んでしまうと、自分の借入れに合ったサービスを見逃してしまうことにもつながります。
審査の際の電話によって借入れを申し込んでいることが周囲にばれてしまうことはないので、電話確認なしにそれほどこだわる必要はないと言えます。アイフルでは郵便物を送付する時も社名の入った物は利用していないので、同居している家族にお金を借りていることがばれてしまうという心配もありません。

カードローンは会社にバレることの無い様に返済方法も気をつけて

カードローンを利用したからといって、仕事を首になるといったことはありませんができれば会社にバレるということは避けたいという人も多いですよね。
特にある程度立場のある人がカードローンを利用しているとなると、格好がつかないと思い利用しづらいと思っている人も多いことでしょうか。
そのような時には電話確認なしの業者を利用して、お金を借りれば基本的には誰にもバレずに済むことになります。

しかし、そこで重要となるのが職場への電話確認なしだからといって返済が滞るようなことがあれば、連絡が来てしまうこともあるのでそのようなところでバレてしまうこともあるため、まず返済だけはしっかりと行うという必要があります。
次に返済方法が誰かにバレてしまうような方法というのを選ぶのも、せっかく職場への電話確認なしでお金を借りることができる利点をなくしてしまうようなものですから、その点にも注意をするようにしましょう。
会社にバレることなく返済することができる、返済方法は銀行振り込みであればネットバンキングなどを利用して、家から直接振り込んで返済をすれば返済をしているところを誰にも見られることなく、返済することができるためばれることはありませんし、口座振替を利用するのであれば、普段使っている口座にお金を入れておくだけで良いのでこれも誰かにカードローンを利用したということをバレることなく利用することができるため、誰にも知られたくないという時には安心です。

関連記事

no image

電話での確認なし!カードローンを申し込むならアイフルのキャッシュカードが便利

カードローンやキャッシュカードは便利な物ですが、家族や職場に確認の連絡があるかと思うと申し込みづらい

記事を読む

no image

勤務先や自宅への電話連絡なしの審査で親バレしないカードローンの口コミ

消費者金融のカードローンは最近テレビでコマーシャルを目にする事も多く、とても明るいイメージがあります

記事を読む

no image

会社に知られずに借入れできる?プロミスの在籍確認について

プロミスのカードローンには、フリーキャッシング・おまとめローン・自営業・目的別ローン・レディスキャッ

記事を読む

no image

電話確認なしのノーローンのカードローンで引き落としを利用

電話確認なしのカードローンとして、ノーローンを選んだ時には、引き落としでお金を返済していくことができ

記事を読む

no image

ノーローンを含めた本人確認なしのカードローンの有無とその危険性について

本人確認なしのカードローンがあるという話を最近ネットで良く見ますが、厳密にはそのようなカードローンは

記事を読む

no image

初めてでも安心!プロミスのカードローンは勤務先にバレずにできる

プロミスは大手の消費者金融でもあり、お金が必要なときに審査のスピードも速くて最短で即日融資を受けるこ

記事を読む

no image

自宅への電話確認なしのカードローンで親バレなしに返済しよう

カードローンを借りることはできても、そのあとには返済があります。多くの場合は日ごろの生活に負担がない

記事を読む

PAGE TOP ↑